ゆたのしんのしゃにかま

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某ちなCの鯉王

カープ応援ブログ

有名どころ4人に流出防止のトレード・・・巨人の補強が本気すぎる件。

野球全般

どうもこんばんは

 

主にカープの記事を書いてるこのブログですが、今日は巨人こと読売ジャイアンツの記事です。今年の巨人はちょっと違うぞと。

 

カープについて書きたいのもあるんですが、補強に関しては広島は「育てて使う」が基本なのであまり選手の獲得をしないんですよねぇ・・・金もそんな出さないし

新戦力となるのはドラフトと外国人とあとは自由契約になったベテラン(石井琢朗とかルナとか)がほとんどですかね?FAでの選手獲得は1回も行ってないですし、トレードも人的補償を含めて3年前の大竹⇔一岡が最後。そこまで積極的とは言えないです。

 

それに対して選手獲得に積極的な巨人は毎年FA報道がある度に注目される球団です。まあこれは例年通りなのですが、今年は特に優勝を2連続で逃しているのもあって相当本腰を入れてる感じがあるので記事にしてみました。 

 

 

今年の巨人の補強ポイント

まずは今年の巨人の補強ポイントまとめになります。

あくまで他球団のファンが見たイメージなので他にもあるのかもしれませんが・・・

 

 

  • 先発ローテーションがいまひとつ埋まらない
  • 中継ぎの信頼性(特に勝利の方程式の山口、澤村)
  • 捕手は小林育成なので不要か?
  • 野手が基本的にベテラン中心
  • 打てる打者が少ない
  • 外野の枠が固定できていない

 

僕にはこう見えました。

重要なのは投手と外野の枠固定ですかね。内野はベテラン中心とはいえ阿部と村田がまだまだ健在ですし捕手はプロ野球全体で不足気味なので獲得よりは育成した方が計算が立つと思います。

 

今年のFA市場を見ますと岸、山口、森福、糸井、平田、陽、大島等の投手と外野が中心の市場になっていますので巨人としては需要が高く積極的になったのもポイントです。

 

 

獲得した選手一覧

実際に戦力補強した選手ですが

 

f:id:syanikama:20161204221202j:plain

吉川、石川⇔大田、公文

 

f:id:syanikama:20161204221214j:plain

ソフトバンク森福(FA)

f:id:syanikama:20161010215759j:plain

DeNA山口(FA)

f:id:syanikama:20161204221238j:plain

楽天マギー

 

そうそうたるメンツすぎて笑いがでるレベルですよこれは

少なからずその球団で抜群の好成績を1度は残している猛者達です。吉川と山口で先発ローテを、森福で中継ぎを、マギーで長打力を補強しており今年の補強ポイントをきっちり潰しに来ている印象。大田は少し残念な気もします。ポテンシャルはものすごいものがあるんですが・・・日ハムの育成力に期待です。

 

 

 

そして今日発表されたのが

小山⇔柿澤

という楽天との電撃トレード

小山は今年6年目で1軍での登板経験もありますが柿澤は3年目の野手で1軍経験はなし。まだまだ期待の若手枠といったところでしょう。2対2でバランスをとるならともかく、巨人からするといまいちメリットの無いようにも見えます。が、ここで発生してるのはあの問題ですね・・・

 

 

 

 

FAの人的補償という問題

FA選手はA、B、Cのランクが年棒によってつけられます。その球団のトップ3がAクラス、4~10位がBクラス、それ以下がCクラスとなります。

 

そしてA,Bクラスの選手を獲得する場合は人的補償として選手を放出した球団が1名無条件で選手獲得球団から選手を獲得できます。(選手を求めない場合、金銭補償で獲得する場合もある)今回でいうと森福投手はCランクなので補償は不要ですが山口投手がBランク以上と予想されますので巨人はDeNAに1人、選手を獲得されることになります。

 

ちなみに獲得できるのはプロテクトをかけた28名以外の選手からとなります。新人と外国人選手は獲得できません。

 

 

ただ巨人は28名のプロテクトじゃとてもじゃないが守りきれないんですよねぇ。

 

まず有名どころの選手が多いところ、次にFA選手も支配下登録になるのでこれは確定でプロテクトをかけないといけない。さらに以前問題となったのがヤクルトの相川捕手がFAで巨人に移籍した際、ヤクルトは人的補償として奥村選手を獲得しましたがこの時奥村選手はまだ19歳の2年目。異例の移籍です。巨人はこのことも考慮しないといけない。「あのチームはドラフトで入っても1軍で出ることなくすぐとばされる」なんて言われるようになるとイメージ最悪なわけです。ある程度は若手もプロテクトに入れる必要がある。最後にDeNAの補強ポイントは山口の抜けた穴でしょうから先発は特に厚めにプロテクトをかけてくるでしょう。

 

35人は欲しいところですね。実際(笑)

 

そこで今回の楽天との電撃トレードが意味を持ってくるような気がします。

小山は先発の出来る投手なのでDeNAは取れるなら取ってくる。しかしプロテクトは人数上かけられない。ならば楽天の若手の野手とトレードすればプロテクト出来ない先発の人数を減らすことができ、DeNAは先発の穴を埋めにくい。柿澤は有望株なので育成すれば問題ない。

 

合理的な手段ですよ。すごい非情にも映りますけども。

言ってしまえばFAというのは現有戦力の補強を優先するものであるので期待の若手まで守り切ることは難しいんですよ。特にA,Bクラスの選手が流出した側の球団も大きな戦力ダウンになってしまってますし目の色変えてきます。今回のトレードはそういう意味ではある意味妙手というかうまい作戦だったんではないでしょうか?というのが僕の感想です。

 

 

関連記事

捨てる球団あれば拾う球団あり・・・

syanikama.hatenadiary.jp

 

 

広告を非表示にする